別荘の購入時に必要な費用について

憧れのためにはお金がいります

資金別荘を買おうと考えている方の中にはすでにどの物件にするのか決めた方もいるかもしれません。
別荘を購入するためには当然お金がかかってしまうのですが、それは単に物件を買うためのお金だけではありません。
それ以外にもいろいろな費用がかかってしまう可能性があるため気をつけましょう。

一つ注意点として、物件の種類によってかかる費用はかなり異なるという点があります。
一戸建ての別荘を買ったり、リゾートマンションを買う方もいれば、リゾート会員権を買ったり、あるいは土地を買ってからそこに建物を建てるという方もいるでしょう。
それだけではなくて、その物件が仲介して購入するものなのか、売り主から直接購入するかによっても事情が異なります。

まず、売買契約が成立したならば、通常は買い主が売り主に対して手付金を支払うことになります。
これはその物件の価格の1割から2割程度に設定されていることが多いです。
手付金を支払うことによって契約が成立して、そのあとあらためて残りの代金を支払うというのが一般的な流れとなっているのです。

もし契約が履行されるまえに契約を買い主の事情によって解除する場合には、手付金をほうきすることになるのです。
逆に売り主の事情で契約を解除する際には、売り主が買い主に対して手付金の倍の額のお金を支払うことになります。
無事、契約が成立した場合には、手付金が売買代金に組み入れられることになります。

別荘を買う際に発生する費用について

物件の売買については仲介と売り主、代理の3つの形態が存在しています。
仲介というのは不動産業者が間に立って契約を成立させることであり、この場合は仲介手数料を支払うことになります。
売り主や代理の場合については仲介手数料は発生しないため、この違いを理解しましょう。

物件の引き渡しをするためには、物件の残代金を支払い、登記移転をする必要があります。
物件によっては修繕積立金が必要となるケースがあるため調べておきましょう。
年ごとに請求される固定資産税や管理費などについては、引き渡しを境として日割り計算で自分の責任の分を支払うことになります。

主に別荘を買うためにかかる費用は以上のものなのですが、それ以外にもそこで生活ができるための準備をする必要があるでしょう。
家具や家電を用意するためにお金がかかったり、場合によっては修繕をするケースもあります。
リフォームをして、自分が快適に過ごせるような状態にするという方もいるでしょう。

それぞれどのようなお金がかかるのかは状況によって異なるため、自分の場合はどのくらいの費用がかかりそうなのかを計算しておきましょう。
総合するとかなり高額な費用がかかることになるため、その分のお金を準備してください。